花島公園でみつけた、謎の花・謎のトンボ、

 久しぶりの花島公園、

 タイサンボクのイイ香りに誘われて、

 まず向かったのはウンテイ(雲梯)、

 これを何とかクリアーしてふと横を見たら、大木に沢山の花が付いていた。

イメージ 1

 花島公園には何度も来ているがこの花を見るのは初めて、

 園内でさ咲いているのはコレ一本だけだと思うが、木の名前は付いていない。

 甘いよい香りがする。

 さて何の木だろう???

 次に花島観音に向かう。

 途中の池には大賀ハスがもうじき咲きそうになっていた。

 33年に一度ご本尊が開帳されるという花島観音、ご本尊と結ばれた5色の糸が木の塔と結ばれていた。まさか、

イメージ 2

 このハスのある池に飛び交うトンボ、いつも見るシオカラトンボとちょっと違う。

 白黒がハッキリしていてすばしっこく飛ぶ。

 飛んでいる瞬間を撮ったら、池面にトンボの姿が写っていた。

 池の端の方で枯れ枝に止まっているのを見つけた。

 こんなトンボ見たことが無い!

イメージ 3

 ということで、

 Googleで色々と検索することになった。

 まず謎の木、

 これは菩提樹の木だと思われる。

 花島観音のご開帳、

 この柱に記載の通り、今年の4月18日だった!

 見過ごしてしまった、まことに残念、・ ・ ・ ・ ・

 

 謎のトンボ、

 これは”全身は黒色で、腹部の白い部分が空いているように見えるために名づけられた”コシアキトンボ”、な〜るほど!

 

 今日も勉強してしまった!!!