2017書評243

「I Love Father」冲方丁、岡崎琢磨、里見蘭、小路幸也、友清哲、宝島社。

本日1冊目。

家族、特に父親にスポットを当てたミステリーアンソロジー。

5作品全て、ミステリー色は正直ほとんど感じられなかったのが残念。

詐欺の話もそんなに痛快な感じがしなかったし、ちょっと肩透かしの作品が多かったかな。

あくまでミステリーに重きをおかないで、父親に光を当てた作品集と思えば、楽しめると思います。

100点満点中69点。

広告を非表示にする