スイムの基本姿勢の続き!

こんばんわー。今日は基本的に昨日の続きです

昨日ウェット泳でつかんだ感覚をウェットなしで再現できるか試したくて今日もちょっと泳いできたのですがどうやら意識すればウェットなしでも同じような感じに泳げるようですただ昨日感じていたようにどうやら私は今まで基本姿勢自体がずれていたため誤った体の使い方を延と練習してきたようですまあそんなバカ者は私だけかもしれませんが自戒の意味を込めて書いておこうと思います。

では一体何が間違っていたのかなんですがこれは写真で見たほうが分かりやすいと思うので珍しく写真を載せます

まずハルさんのストリームライン

また無断でお借りしました

ポイントが分かりやすいように赤丸つけたようにハルさんの場合頭が心もち下がり目で腕が耳の後ろを通っていますよね。

ところが私が特に意識せずにストリームラインを取るとこうなります。

ハルさんと反対になってしまいましたが御覧の通り頭が多少起き気味で腕が耳の前を通ってしまっています。

私は体は柔らかいほうなので実際に意識してやり直してみるとハルさんのような姿勢も取れたのですが要するにストリームラインというものの意識自体がスイマーの方と私とではこれだけはっきり違うようなんですよね

おそらく私は水に苦手意識がありいつでも息が吸えるように多少頭が起き気味で泳ぐのが子供のころから癖になっていてこういう姿勢になってしまったのかと思いますが頭がこんな感じで腕がこの位置だとそれに合わせて自然と上体が起き気味で下半身が沈み気味の姿勢になるかと思いますのでストリームラインを取った時点からすでに抵抗がかかる泳ぎ方にならざるを得ない姿勢になっていたのだと思います

ところが昨日ウェットロングジョンで泳いだ時にはウェット着ると下半身に浮力があえりしかもロングジョンだったので腕には特別な浮力はないので私のまずい姿勢が強制的にスイマーの方がやられているストリームラインになってそれで体の滑りがやたらよく感じたのかと思っています。昨日キャッチの位置がやけに頭の真上だなーと思っていたので

で今日はウェットなしでもこの意識で泳ぐようにしていたのですがこの形を基本姿勢で泳ぐとリカバリーの動きなんか頭の後ろほとんど背面の動きになるようですねしかも肩がこの位置に入ると自然と肩が回る方向が縦にならざるを得ません。以前ハルさんが肩を縦に回すことを記事にしていてこれがなぜ必要なのかわからなかったのですが正しい姿勢で泳ぐと肩は縦に回らざるを得ないようですね

なんか以前の姿勢とは腕の位置が大分違うのでストロークも一から作り直さなければならないようですただもともと大したストロークではなかったですし正しい姿勢だと体の滑りがかなり違いストロークに必要な力も驚くほど減るのでまあここは一から作り直したほうがいいと思っています。実は最近ある程度泳ぎがよくなってきている感じがありそのまま刷り込みに入ろうかと思っていたとこだったのであのタイミングでウェット練試したのは大正解だったと思っています