鼻緒付きインソール

最近は買い物などは草履のことが多い。

草履と靴の両方を履いていると足の使い方がずいぶん違うことがわかってくる。

草履や下駄だと否応なく、構造的に足の指を使うようにできている。

靴の場合だと、特に大きめの靴の場合、指先を反らせて支えようとする。

浮き指になりやすく疲れやすくなるだろう。

先日、あるメルマガで鼻緒付きインソールの紹介がありまそっそく注文しました。

江戸HANAO

http://edohanao.jp/#purchase

見ると足半(あしなか)かと思った違いました。

足半は足の筋肉バランスを整えるに絶大な効果があります。

説明書には

『日本独自の履き物、草履や下駄には使うだけで身体を健康にする鼻緒(はなお)が付いています。

この鼻緒がもたらす効能を靴のまま生活の中で再現するのが「鼻緒付インソール江戸鼻緒です。

鼻緒は足の協力や踏ん張る力を足元から復活させます。

江戸鼻緒は、鼻緒の付いたインソール。ミラクルな効果を発揮する可能性を秘めている商品です』

真っ直ぐ立てない子供たち「まるでゴリラ

http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-3786.html

「階段を上れない子ども」が増えている意外な原因とは

http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-3773.html

浮き指は少しは理解されるようになったようですが、直接足の指がいたくなるわけではなく、関心が薄いと思われます。

浮き指の方にはの方には特にお勧めです。