手の親指切断の豪男性、手術で足の親指を手に移植

〜AFP通信2017.7.14〜

ザック・ミッチェルさん(20)は今年4月、ウエスタンオーストラリア州の牧場で作業していたところ、雄牛に手を蹴られてフェンスにぶつかり、右手の親指を切断してしまった。

手当てを受けるまで親指を氷で冷やし、5時間かけて最寄りの病院へと向かったが、接合手術は失敗したという。

その後シドニーの病院へと転院。この病院の専門医らはミッチェルさんのけがの深刻さから、足の親指を手へ移植することが最善の策だと判断した。

形成外科医はミッチェルさんの今後について、継続的な治療を受け、1年ほどすれば感覚を取り戻すだろうと語り、一連の治療の成功率は95%を超えると述べた。

http://www.afpbb.com/articles/-/3135817

【いろんな移植あるね、異色!?】