素直じゃない話

こんばんは

今日は

パステル記事ではありません。

重い話聞きたくないなと

思われる方は、スルーしてくださいね

いきなりですが

私は素直じゃないんです。

そんな私のこと

良ければ少しだけ

聞いて頂けたら嬉しいです

子供の頃に、母親との別れがあり

父子家庭で育ちました。

その父親も、15年前に他界しました。

そして結婚後。

13年連れ添った旦那さんも

病でこの世を去りました。

私の大切な人達は

いつも私のそばから、離れて行きました。

いつしか

素の自分を出すのが怖くなり

寂しいとか言えなくなりました。

寂しいと口に出すのが怖くて

また大切な人を失いそうで

理由は分かっています。

予防線です。

いつも強がっているほうが、

失った時のダメージが軽くなると

思ってきたから。

ハッキリ言って可愛くない人間です。

私って。

本当の自分を知っているのは

私だけ。

綺麗事じゃないけれど

寂しくても、平気な顔をしています。

大丈夫

この言葉は、言われて好きな言葉だけど

本当は、大嫌いな言葉です。

全然大丈夫じゃないのに、

弱い自分を知られたくないから

平気な顔して、いつも

大丈夫

と、よく言っているからです。

もっと素直に、

人間らしく生きれたら

また違った生き方ができたのかなぁ

と思うけれど

今更、そんな自分を変えるのは

とても難しく。

今の気持ちをパステルで

表現してみたかったけど

たまには、文字にするのもいいかと

文章能力、全くないけれど

書かせてもらいました。

だから何?

って感じですが

ちょっとスッキリしました!

今晩は、先日習った天使ちゃんを

描いてみようかなぁ

重い話を最後まで読んで下さり

ありがとうございました。

感謝です